妊娠・出産

2児の母が語る。妊娠中に必要な栄養素、葉酸が必要な理由。

私は2年前に初めての妊娠を経験しました。

初めての妊娠って、お腹の中で大事な命を育てるんだと思うといろいろ気になることが多いですよね。

特に初期のころに妊娠を検索したり雑誌を読んだりしていると、「葉酸」という言葉をよく目にしませんか?

実は私、葉酸という言葉を妊娠して初めて知りました。

調べていくと、どうやら妊娠には重要な栄養素らしいですね。

そこで、今回は妊娠と葉酸について書いていきたいと思います!

妊娠期の葉酸の役割について

葉酸は妊活中や妊娠期、産後の授乳期にも大切な栄養素です。

赤ちゃんの臓器の形成のサポートや、胎盤早期剥離・流産の予防の働きなどがあり、特に妊娠初期の3か月の間の摂取が重要と言われています。

この時期にしっかりと葉酸を摂取すると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクが70%下がることがわかっています。

また、妊婦さんは貧血になりやすくもなりますが、葉酸は赤血球を作り貧血予防にも活躍します。

葉酸は妊婦さんにとってもお腹の赤ちゃんにとっても重要なんですね。

スポンサードリンク




葉酸が不足するとどうなる?摂取量は?

妊娠期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクが高くなったり、授乳期に不足すると赤ちゃんの発育に遅れが出ることが言われています。

また、葉酸は赤血球の生産や細胞の生産を助けるため、それが不足すると貧血や心血管系疾患、免疫機能の低下、消化管機能の異常などの原因になります。

「なんだか妊婦さん以外にも重要なのもわかったから、今日から沢山葉酸を摂取するぞ~!」

と言いたいところですが、葉酸は摂取のし過ぎも良くないようです。

その摂取量の目安は1日240μg、妊娠を望む人は400μg、妊婦さんは440μgです。

葉酸が多く含まれる食べものは?

葉酸は緑黄色野菜、肉、卵黄、豆類、牛乳などで摂取できます。

しかし、水溶性のため、茹でるなどの調理法では効果が薄れてしまいます。レンジでチンなど調理法を工夫すると良いですね!

サプリでの摂取が簡単でおすすめ!

妊娠を望む人や、妊娠中の人は普通よりも多く葉酸を摂取する必要があります。

なかなか普段の食事だけでは補えなかったり、妊娠中にはつわりであまり食べられないこともあるでしょう。

そこでお手軽に葉酸を取れるのがサプリ!!

私も妊娠中は葉酸のタブレットに頼った経験があります。

ちなみに一番お世話になったのは「ビーンスタークマムの葉酸+鉄」!!

ハイレモンってお菓子をご存じですか?

味や食感はあんな感じです。

さっぱりしていてツワリの時期でも食べやすく、一日一粒で良いのが面倒くさがりの私にはピッタリでした!(^^)!

他にもサプリなど沢山ありますが、サプリを飲む場合は逆に摂取のし過ぎに気を付けてくださいね。

最後に

いかがでしたか?妊娠期の葉酸について知るために少しはお役に立ちましたでしょうか。

正直、葉酸を取ったからと言って何か効果を肌で感じられるわけでもありません。(笑)

ですが、ご自身や赤ちゃんのために良いことはしておきたいですよね。

普段の食生活はもちろん大切ですが、サプリなども活用してうまく摂取していきましょう!

ABOUT ME
まつなお
まつなお
夢は金持ちの主婦。 28歳。三重県在住。 0歳と2歳の2児のおかん。 自分の経験を元にした自分にしか発信できない情報を書くのがモットー。