妊娠・出産

授乳で乳首が切れて痛い!助産師と2児の母がおすすめする魔法の保護クリーム「ランシノー」。

出産という大仕事を終えると、今度はほぼ休む間もなく子育てがスタート。

 

生まれてすぐの赤ちゃんのお世話は、もっぱら授乳とおむつ替えです。

 

この時私が辛かったのが、初めての授乳で乳首が切れてめちゃくちゃ痛かったこと。

 

今まで乳首が切れるなんて体験したことがなかったのでこの痛みは衝撃でした!

 

なので、授乳の痛みに悩む新米ママたちのために、今すぐ使える私のおすすめクリームを紹介します。

スポンサードリンク




授乳がこんなに痛いとは思わなかった!

これは体験した人しかわからないと思いますが、もう本っっっ当に痛いですよね。

 

私は授乳の度に、「くぅぅ~~~!!」っと唇を食いしばりながら痛みを堪えていました。


私の乳首が授乳中に痛み出したのは授乳を始めて2日後くらいから。

 

初めての育児で、授乳で乳首が切れるなんて知らなくて対策ができたのはかなり痛みがひどくなってからでした。

 

授乳ってこんなもんなのかなと思って始めは我慢していたのですが、

痛みはひどくなるばかりで授乳の時間が辛くなってきて「もう無理」と思って助産師さんに相談をしました。

 

それでこの後紹介する保護クリームを教えてもらったのですが、

塗ると本当にだいぶ楽になって、もっと早く相談していれば良かったと思いました(^_^;)

 

ただクリームを塗り始めたのが遅かったのもあって、その後1ヶ月くらいは乳首の痛みと戦いながら授乳をしました。

 

だから痛みを感じたら出来るだけ早く対策してください!

乳首の激痛対策にはこのクリーム!!

私が助産師さんに教えてもらって本当によかったと思ったクリームは、「ランシノー」というクリームです。

西松屋などにも売っていますよ!

 

油のような成分(羊の毛に付着する脂肪様分泌物だそうです。)で肌を保護し、うるおいを補ってくれて授乳中の乳首の手入れ用にも推奨されています。

 

天然物質で作られているので赤ちゃんの口に入っても大丈夫!

 

いちいち拭き取らなくても、クリームを塗ったまま授乳ができます。

 

私は乳首が痛すぎたので、授乳が終わるたびにベタベタに塗っていました。

 

すると、次の授乳のときには何も塗っていない時と比べると痛みが全然違ったのですごく助かりました。

 

これでランシノーの信者になった私は、2人目出産の際には入院準備グッズに入れ授乳で痛みを感じ始めたらすぐに塗りました。

 

二人目は乳首自体が柔らかくなっていたのもあると思いますが、ランシノーを塗り始めたのも早かったので乳首が切れて唇を食いしばるようなことはありませんでした!

授乳中だけじゃない!赤ちゃんにも使える!

私は授乳の痛みにひと段落つくと、ひとまずランシノーの役目は終わりと思い薬箱にしまっていました。

 

しばらくすると、今度は赤ちゃんのお尻がおむつかぶれで赤くなっていることに気付きました。

 

「まだ病院に行くほどではないけど、ひどくなる前に何か塗って治してあげたい。」

 

「でもこんな小さい赤ちゃんに何を塗って良いのかわからない。」と思いました。

 

そこで、ふと思ったのがランシノーの存在です。

 

薬ではなく皮膚の保護をするクリームだし、

口に入っても大丈夫なくらいだから体に塗るのも問題ないだろうと思いました。

 

また、油のような成分で水をよく弾いていたので、

おむつの蒸れも弾いてくれるかなと考えました。

 

実際に塗ってみると、次の日にはおしりの赤みはだいぶ無くなり、2日目で元のきれいなお尻に戻りました。

 

よだれが出始めると口回りの保護にも使えましたよ!

余談:出産祝いに渡してもすごく喜ばれました。

知り合いの出産祝いに、何か役に立つものをあげたいと思いランシノーをプレゼントしました。

 

金額もお手頃だし、通常の出産祝いにプラスαの一品にぴったりです。

 

それにランシノーをプレゼントする人も中々いないと思うので他のお祝いの品と被りません(笑)

 

授乳の大変さを経験したからこそ渡せる心遣いたっぷりのプレゼントになると思いますよ(^_^)

ABOUT ME
まつなお
まつなお
夢は金持ちの主婦。 28歳。三重県在住。 0歳と2歳の2児のおかん。 自分の経験を元にした自分にしか発信できない情報を書くのがモットー。