妊娠・出産

2児の母が勧める。妊娠線対策にはママ&キッズ「ナチュラルマーククリーム」

妊娠してだんだんお腹が大きくなってくると、気になるのが妊娠線

なんでも、出てしまうと産後もずっと消えないとか

私も妊娠中は気を使ってクリームを塗り塗りしていました。

そんな経験から、今回は妊婦さんが避けて通れない妊娠線対策におすすめのクリームを紹介します。

ママ&キッズ「ナチュラルマーククリーム」

私が実際使用していたクリームです。

 

<特徴>

  • 弾力・柔軟性サポート成分と、うるおいサポート成分で伸びるしなやかな肌に
  • 無香料、無着色、弱酸性、低刺激で赤ちゃんにも使える優しさ。
  • ポンプ式で、使うごとに中身の袋が縮むこだわりの設計だから常に新鮮で清潔。
  • マタニティ雑誌にもよく取り上げられており、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞5年連続1位です。

伸びが良く、少量で広い面積が塗れる。

まず使ってみて驚いたのが、伸びの良さ。

妊娠線はお腹だけじゃなくて全身に出る可能性があるので、広い範囲にクリームを塗る必要があります。

伸びないクリームで全身塗っていると、すぐにクリームが無くなってしまってコスパがあまり良くなかったりします。

その点ママ&キッズ「ナチュラルマーククリーム」は非常に伸びが良く、使用量を気にせずに全身ケア出来ちゃいます!

産前に使いきれなくても、産まれた赤ちゃんにも使える。

私が購入に至った一番の理由がこれです。

赤ちゃんには冬場はもちろん、夏場でも保湿のクリームは欠かせません。

個別で赤ちゃんのクリームを調べるのもまた時間がかかりますよね。

自分が使っていたものを使えるなら一石二鳥です。

気になる衛生面は、クリームの特徴のひとつ「ポンプ式で使うごとに中身の袋が縮むこだわりの設計だから常に新鮮で清潔。」で解決です。

スポンサードリンク




妊娠線とは

妊娠線とは、いわゆる肉割れです。
急激な体型の変化などによってでき、初産婦の半数以上、経産婦の8割以上が経験すると言われています。

できる場所はお腹だけでなく、バスト、太もも、ヒップ、二の腕など全身にできます。

経産婦の方が妊娠線ができやすい。

私は二度の妊娠経験があるんですが、二人目の方が妊娠線ができやすいと知ったのは産後でした。

むしろ逆に、二人目の方が皮が伸びやすくなってるから妊娠線は出にくいだろうと思っていました。

実際は、皮が伸びやすくなっているからこそお腹が余計に大きくなりやすく、二度目以降の妊娠の方が妊娠線ができやすいということらしいです。

二度目の妊娠で保湿をサボったら妊娠線が出てしまった。

初めての妊娠では気を付けてクリームを塗っていたおかげか、妊娠線は皆無でした。

でも二度目の妊娠では、上記の通り、私は妊娠線は出にくいものだと思い込んでいたのでクリームでの保湿をかなり怠っていました。

すると、妊娠9ヶ月目くらいでお腹に紫の線が出てきてしまいました

これがその時のお腹です。

紫の線が2本入っていますよね?これが妊娠線です。

これはまだかなり小さめの妊娠線ですが、それでも発見した時はかなりショックでした。

妊娠線は消えない?

妊娠線は、産後は白っぽくなって目立たなくはなりますが、消えることはほぼ無いようです。

私程度の妊娠線だと、産後5ヶ月くらいで白っぽくなって目立ちにくくはなりました。

でも目立ちにくくなるだけで、跡はわかります。

妊娠線ができる主な原因。

急激な体型の変化。

妊娠すると、空気を吸っても太る気がすると言う人もいるほど体重が増えやすくなります。

特に妊娠後期は一気にお腹が大きくなる時期で、この時期に皮膚の表面も一緒に伸びていくのですが、その伸びに追いつけなくなると皮膚の内側が断裂し、妊娠線として現れます。

肌の乾燥。

妊娠中はグルココルチコイドというホルモンが多く分泌されます。

このホルモンは肌のターンオーバーを抑制する働きがあるため、コラーゲンの生成も抑制され、その結果肌が弾力性を失い乾燥しやすくなります

肌の弾力性がなくなると、より断裂が起こりやすくなります。

妊娠線予防クリームはいつから使うべき?

妊娠線の予防は、妊娠線ができやすい後期に入ってからでは遅いです。

妊娠初期の頃からクリームを塗って、肌をしなやかな状態にしておくことが大切です。

クリームを塗る時のポイントはたっぷり塗ること!!

かゆいなと思ったら要注意!

妊娠線が出る前兆に、かゆみを感じることがあります。

私もお腹がかゆかったのを覚えています。

そのかゆみを感じて、かかずにすぐにクリームをたっぷり塗ればまだ間に合うかもしれません。

でも私はその状態で2日程放置していたんですよね。

すると、気づいた時には妊娠線が一本できていて、すぐ後に二本目の妊娠線が出ていました。(涙)

妊娠線は母親の勲章?

「妊娠線は妊娠・出産を頑張った勲章だから」という言葉を聞いたことがありますが、跡はない方が良いですよね。

私たちは、母親であるのと同時に女です。

身体はきれいな方が良いに決まっています。

保湿をしたから100%妊娠線がでないというわけではないようですが、出来るだけクリームを塗ってリスクを下げておきたいですね。

ABOUT ME
まつなお
まつなお
夢は金持ちの主婦。 28歳。三重県在住。 0歳と2歳の2児のおかん。 自分の経験を元にした自分にしか発信できない情報を書くのがモットー。