ネットワークビジネス

私がティエンズというネットワークビジネスにハマった理由。

このブログの内容を読む前に、必ず「ネットワークビジネスに洗脳されていた黒歴史をさらすことを決意した」を読んでください!!

 

お願いします!!(必死)

 

ネットワークビジネスとは。ざっくり説明。

ネットワークビジネスとは、連鎖販売取引といわれており、要するに「口コミで商品を広めていこう」というビジネス。

 

自分がきっかけの口コミのおかげで商品が売れた場合、その売上の一部が収入として受け取れる仕組みです。

その収入を受け取れる範囲は、自分が直接発信したものだけでなく、

自分が発信して商品を買った人がさらに別の人に口コミを発信して商品が売れた場合にも受け取れる。

 

その連鎖が既定の段階(例えば「自分から10段階下まで」とか)まで収入の得られる範囲となるので、

商品を購入する人を増やせば増やすほど、自分が何もしなくても常に収入が入る状態、

つまり「不労収入」を得ることができるとされています。

スポンサードリンク




日々の生活に飽き飽きしていたところにネットワークビジネスの話がきた。

当時私は22歳、社会人2年目でした。

某百貨店の販売員で、職場環境はかなり良かったと思う。

職場の人にも恵まれていたが、特にこの仕事が好きなわけでもなく生活していくために毎日仕事をしていました。

 

毎朝決まった時間に出勤して、働いて、残業して、帰って惣菜のご飯を食べて風呂入って寝る。

 

仕事内容に楽しみを見つけることもできず、正直そんな毎日はクソつまらなかった

この時の楽しみは月1回遠距離の彼氏と会える日のみ。

 

こんな日が続くのかな~とモヤモヤしていたそんな時、ティエンズという会社のネットワークビジネスの話を聞いたんです。

 

私はそれまでそのビジネスの存在すら知らず、だからこそ何の偏見もなくビジネス概要を一通り聞きました。

聞き終わったあとは、今まで自分がいた世界と違いすぎて衝撃を受けました。

 

なにやら、努力をして成功すれば、時間の自由・不労収入を得られるらしい。

 

今まで成功してきた人たちの生活ぶりの映像や画像を見せてもらうと、すごくキラキラしたものだった。

もう興奮で頭が混乱していたので、いったん落ち着くためにその場で「やります」とは言えなかった。

 

でも帰り道では既に「もしこのビジネスをしたら」ってことを考えて、すごくワクワクしていた。

ネットワークビジネスで今後の人生を変えられると思った。

説明を聞いてすごく頭に残っていたことは、

 

「成功すれば時間・お金・それを共有できる仲間が手に入る」

 

ということ。

もしそれが本当ならこの先の私の人生、楽しみしかない。

 

家に帰って1日考えてみた。

ネットの悪評も沢山読んだ。

ねずみ講のことも調べた。

 

その上で、まだ半信半疑ながらも、「会社や商品も実際にあるし詐欺とかではなさそうかな」と自分なりに判断した。

 

でも正直言うと、手に入るものが魅力的すぎて、犯罪でなければなんでも良いからやってみようと思っていた。

スポンサードリンク




どうしようもないと思っていた現実を変えられる手段がある事への感動。

当時は、生活をするために働くことは当たり前で、

雇われるのが嫌なら企業して社長になるしかないと思っていました。

 

もともと学生のころから、会社で働くより社長のポジションに憧れを持っていたのですが、

企業するほどのアイデアも度胸もなく、それはただの憧れでした。

 

だから今も今後も働くことは仕方なく、今の環境が嫌なら転職しかないかなと思っていました。

 

でもネットワークビジネスはその私の概念を180度ひっくり返してきた。

 

本当に衝撃だった。

他に今の状況を変える手段を知らなかった。

私がネットワークビジネスにどハマりした理由は、これも大きいと思います。

 

特に取り柄もない自分にもできるお金を稼ぎ方を、労働以外に知らなかった。

 

そのため「もう私にはこれしかない!」と日に日にハマっていく実感がありました。

こうして1年半に渡るネットワークビジネスライフが始まった。

軽い気持ちではなく、人生を変えるための手段としてやってみることにした私。

この固い気持ちが、今後ネットワークビジネス反対派の周囲との対立を招くことになりました。

ABOUT ME
まつなお
まつなお
夢は金持ちの主婦。 28歳。三重県在住。 0歳と2歳の2児のおかん。 自分の経験を元にした自分にしか発信できない情報を書くのがモットー。