ネットワークビジネス

ネットワークビジネス経験者が語る、間違った勧誘の仕方。今思うとよくやっていたなと思う。

こんにちは!まつなおです!

 

初めて私のネットワークビジネスの記事を読んでくれる人は、まず「ネットワークビジネスに洗脳されていた黒歴史をさらすことを決意した。」を読んでください!!

 

今までにネットワークビジネスに勧誘された経験がある方も多いですよね。

 

それで断っている人って、たぶんその勧誘の仕方に嫌悪感を感じた人が多いんじゃないんでしょうか。

 

今回は私がしていたティエンズという会社のネットワークビジネスの勧誘方法について、詳細に迫ります。

スポンサードリンク




ネットワークビジネス勧誘方法の王道スタイル。

まずネットワークビジネスの王道の勧誘方法は、

  • 電話などで勧誘したい相手を呼び出す
  • カフェやファミレスなどのお店に入る
  • お茶しながら自分がネットワークビジネスをしていることを伝える
  • ○○も一緒にやろうと誘い、説明者を呼ぶ
  • 説明者が登場して説明が始まる

細かくはいろんなパターンがあるでしょうが、大枠ではこの流れが王道だと思います。

勧誘の時のポイント。

  • 嫌な反応をされても、動じずに笑顔
  • 「自分はもうすぐ○万円稼ぐ予定」などはったりをかます
  • ネットワークビジネスを通して叶う夢を語る
  • 自信のない素振りをみせずに、「説明を聞けばわかるから」「説明聞かないと損」というスタンスで話す

誰を何人くらい勧誘する?

もちろん誰でも。

友達はもちろん、職場の人、ちょっとした知り合いでもいいです。

 

声をかける人がいなくなれば、街コンやオフ会などに参加したりして、良さそうな人を探すこともあります。

 

私はそのために正社員で働きながらアルバイトを2つしていた時もあります。

 

人数は、私たちのグループでは「まずは100人に断られろ」という目標を言われ続けていました。(たぶん。ちょっとうろ覚え。)

スポンサードリンク




今思うと異常だが、当時はこれが正しいと思っていた。

このやり方、今やれと言われても出来ませんし、したくありません。(^_^;)

 

でも当時はティエンズのネットワークビジネスしか私の人生を変える手段はないと思って信じていたし、

 

先にティエンズで成功している人がやったやり方を教えてもらってやってるんだから、

きっと正しいんだと思っていました。

アップラインの言うことは絶対な雰囲気。

アップライン=自分の活動をサポートしてくれる、先にビジネスを始めた人のこと。

 

私のアップラインは、自分にビジネスを紹介した人を含め、

その上の人、さらにその上の人と数人がメインで活動をサポートしてくれました。

 

頻繁にあるセミナーでは、既に月100万円稼いでいるくらいの人が前に出ていろいろとお話をします。

 

セミナーの後で、そのスピーカーの人と直接今後の目標設定なんかをする時もありました。

 

私が携わったネットワークビジネスは、とにかくアップラインが成功したやり方を徹底的に真似をすることが基本でした。

 

だから、やり方に疑問を感じても、すぐに「でもこれが成功する方法だから」という感情が疑問を蓋してしまうのです。

 

まさに「洗脳」ですよね。

スポンサードリンク




「ネットワークビジネスで友達がいなくなる」は、あながち間違ってはいない。

正しくは、「間違った方法でネットワークビジネスをした場合」ですけどね。

 

アップラインが成功した方法は、確かに結果を出しているのでそれも正解なのでしょう。

 

でも、人にはそれぞれ個性があって、やりやすい方法ってもんがあると思います。

 

例えば、今まで人のことを思いやって行動していたような人が、

いきなり自分の我を通して鼻息荒く話し始めたら、普通に怖いし心配しますよね。

 

よっぽど仲の良い友達なら、真剣に心配してくれるかもしれませんが、

ただの同級生程度の関係なら、それを機会にLINEをブロックされてしまうこともあります。

 

私もLINEブロックをくらった経験ありです。

勧誘しただけで連絡を取れなくなるような友達は、もともと大した友達じゃないから気にしない。

これは、友達がいなくなるんじゃないかと心配する初心者に、アップラインが言う言葉です。

 

でもこれって、相手になんの迷惑もかけていない場合の話だと思うんです。

 

例えば、

「私はお金持ちになりたいから、ネットワークビジネスをしてるんだ!」

普段の会話の中で言っただけで連絡が取れなくなったり、

笑って馬鹿にしたりする友達がいれば、そんなもんはこっちから縁を切ってやって良いと思います。

 

でも、カフェで自分と会うためにわざわざ時間を作ってその場所まで来てくれた人に、

半ば強引にビジネス勧誘しようとして嫌がられてしまっては、

それは圧倒的に自分が悪いですよね。

 

それに、言い方が悪いかもしれないけど、私は「大したことない友達」も必要だと思います。

 

親友だけじゃなくて、地元に帰って同窓会があった時に会う程度の友達だっていた方が楽しいじゃないですか。

 

そういう友達を切り捨てていくと、自分がどんどん孤立していきます。

 

成功者になるって、新しい環境に身を置くわけで、昔の自分の環境のまま成功者になることはありえないと思うけど、それを切り捨てるのも違うと思う。

 

このセリフを言うアップラインのように、

考えが振り切っている人が成功するのかもしれないけど、

ネットワークビジネスのビジネス仲間だけで構成される人間関係になるのは私は嫌だなー。

 

 

 

ちなみにこう思えたのもビジネスを辞めてから。

ビジネス最中は、勧誘を嫌がる人や、説明を聞いてもやらない人達を「将来を真剣に考えていないんだな」と見下していました。

(ドン引きですよね。本当にごめんなさい!!)

スポンサードリンク




人の嫌がることをしてはいけない。

小さいときによく親が言っていましたが、大人になってもまさにその通りだなと。

 

ネットワークビジネスは、従来の王道のやり方だと圧倒的に人を嫌な気持ちにさせてしまうことの方が多い。

 

私のようなやり方だと、良い反応を示すのは10人中1人くらいだ。

 

残りの9人には、多かれ少なかれ不快感を与えていたかもしれない。

 

もし成功していたら、こんなこと考えもしなかったのかなと思うけど、

どうせ成功するなら多くの人にプラスの感情を与えて成功する人間になりたいと思う。

今ネットワークビジネスを頑張っている人、これから頑張ろうと思っている人へ。

ネットワークビジネスは悪いものではありません!

 

何の特技もないような一般人でも、人生逆転できる可能性のあるビジネスです!!

 

でも、やり方を間違わないでください。

 

始めは、もちろんやり方なんてわからないだろうからアップライン頼みになることも多いと思います。

 

でも、教えてもらった全てを鵜呑みにせずに、疑問を感じたらきちんと考えるようにしてください。

 

ビジネスのやり方に絶対的な正解はないと思いますので、自分の感覚を大切に。

 

ABOUT ME
まつなお
まつなお
夢は金持ちの主婦。 28歳。三重県在住。 0歳と2歳の2児のおかん。 自分の経験を元にした自分にしか発信できない情報を書くのがモットー。