妊娠・出産

マタニティマークが付けづらい。本来の意味を理解しよう。

 

妊娠すると、産院や地域からマタニティマークをもらいますよね。

 

このマークを受け取ると、本当に妊娠しているんだと嬉しく感じます。

 

でも、実際に使用するかどうかは、意外と悩むんですよね

 

結局私は長女の妊娠中は使用せず、次女の妊娠中にはお腹が目立たない時期だけ使用しました。

 

お腹の子を守るために迷いなく使用したいところですが、なぜ悩むのか。

 

今回はマタニティマークが付けづらいことについてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク




マタニティマークが付けづらい理由

「妊娠して幸せですアピール」と思われたら嫌だ

私が妊娠していない時にマタニティマークを見て感じていたことの一つに、幸せなんですアピールも含んでるのかな。」ということ。

 

こう思う人って、実は結構いてるんじゃないですか?

 

自分がそう感じていたからこそ、いざ自分がマタニティマークを受け取った時に使うことを躊躇してしまう。

 

これを付けることで「幸せアピールしているやつ」と思われるのが嫌だなと思っちゃうんです。

「特別扱いしろということか」と思われたら嫌だ

妊婦さんを労わらないといけないっていうのは、自分が妊娠してみてよくわかりました。

 

でもそういう経験がない人だと、「妊娠は病気じゃないのになにがそんなにしんどいの?」って思う人も多いと思います。

 

そういう人からしたら、妊娠を武器に特別扱いしろというアピールだと感じるかもしれません。

マタニティマークによるトラブルがあるらしい

これには驚いたんですが、マタニティマークをつけていることで、

  • お腹を殴られる
  • お尻を叩かれる
  • わざとぶつかられる

などのトラブルが起こることがあるようです。

 

マタニティマークに対して嫌悪感を持っている人の行き過ぎた行動なのでしょう。

 

こんなのを知ると、確かにマタニティマークをつけることを躊躇してしまいますよね。

スポンサードリンク




マタニティマークの本来の意味を知る

妊婦さん自身も、その周りの人達も、マタニティマークの本来の意味をきちんと理解しなければなりません。

 

確かにマタニティマークは、席を譲るなど日常で妊婦さんを気遣いましょうという意味もあります。

 

でもそれ以上に、特にお腹の目立たない妊娠初期などにもし妊婦さんの身体に異変が起こった場合、妊娠していることを周りに知らせるための非常に大切なアイテムです。

 

妊娠の有無によって治療法は変わりますから、妊娠していることを自分の口で伝えられない状況の場合にはマタニティマークによって赤ちゃんを救うことができるのです。

 

周りの見ず知らずの人の反応を気にしてマタニティマークを付けないというのは、もしもの場合に赤ちゃんを危険にさらすことに繋がります。

スポンサードリンク




付け方を工夫することで解決

もし常にマタニティマークを見せているのが嫌ということなら、普段は裏返しにしてマークが見えないようにしておくのはいかがでしょうか。

 

例えば、電車をよく利用する妊婦さんでしたら、マタニティマークがあれば優先座席に座っていても堂々とできますよね。

 

そういう必要な時だけマークを表にして見せるという方法です。

 

「妊娠は母体にとても負担がかかるものだ」という認識を世の中の全員が持ってくれればこんな悩みは生まれませんが、妊娠は全員が経験できるわけではないのでそれは不可能です。

 

私は長女の時は周りの反応を気にしてマタニティマークを使いませんでした。

 

結果的には何も問題は起こらなかったので良かったですが、でもやはり赤ちゃんを守るためにマタニティマークは大切な役割を果たします。

 

お母さんがしっかりと正しい認識でマタニティマークを活用していきましょう。

 

ABOUT ME
まつなお
まつなお
夢は金持ちの主婦。 28歳。三重県在住。 0歳と2歳の2児のおかん。 自分の経験を元にした自分にしか発信できない情報を書くのがモットー。