お金

「学校で職業や年収についての授業をしてほしかった」という願望について。

 

みなさん、大人になってから「こういう仕事もあったんだ」と気付くことってよくありませんか。

 

でも実際、大人になってから憧れの職業が見つかっても時すでに遅しの場合があります。

 

また、それぞれの職業がどれくらい稼げるのかもすごく大切な事なのに、学生の頃に進路を決める際にはそんなことあまり考えたりしませんでした。

 

大人になって今思うのは、あの時もっといろんな職業の世界を知っていれば、もうちょっと慎重に進路を決めていたんじゃないかということです。

 

そこで今日は「学校で職業についての授業をやってほしかった~」という私の願望を書いてみようと思います。

スポンサードリンク




単発じゃなくて国語並に授業をしてほしかった

学校で実施される職業や将来についての授業って、道徳の授業の一部だったり単発ですることがほとんどだと思います。

 

でもそうじゃなくて、国語並に毎日いろんな職業について学んでみたかった。

 

職業って、必ず自分にも関係のあることだから高校生くらいなら真剣に聞くんじゃないかな。

 

実際、高校生の時に自分の進路を決める際に悩んだのが「自分はいったいどんな職業に就きたいのか」ということ。

 

専門学校?短大?大学?何学部にする?

 

自分の希望する将来がある程度わかっていないと、高校卒業後の進路って決めるのがすごく難しい。

 

高校生で自分の将来を決定できる人は少ないと思う。

 

多くの人は自分のしたいことがわからないから、無難な進路を選ぶはず。

 

でも無難な進路だろうが、専門性の高い進路だろうが、結局はみんな卒業後の進路は自分で決めないといけない。

 

自分が進む道を決めるために、どんな選択肢があるのかをできるだけ多く知ることってすごく大事。

 

だから、学力だけじゃなくて具体的な自分の進路をイメージするために授業のカリキュラムに「職業」があるとすごく良いのにと思う。

スポンサードリンク




職業ごとの平均年収も大事

生活するにはお金も大事。

 

職業に夢ばかりを見せるんじゃなくて、しっかりと現実的な数字を知ることも必要です。

 

あわよくば、「このくらいの年収ならこの程度の生活レベルが送れる」とかリアルなことも事前に知っておきたかった。

どんな自分になりたいかを考える機会がたくさんほしい

どんな自分になりたいか考える機会って、学生の時なんてそんなになくないですか?

 

それこそ進路を考える時くらいで、それ以外は遊びやモテることばっかり考えています。

 

職業のことだけを知識として得られても、「働く=お金を稼ぐための苦しいもの」だという認識だとあまり良くない。

 

どんな自分になりたいのか想像をして、それに近づけるような職業を自分で選べるのが最高の形だと思う。

 

「働く=自己実現の手段」という認識に教育できれば、もっとみんな活き活きと働ける世の中になるんじゃないですかね。

親がいろんな職業を知るきっかけを子供に与えることも大切

とはいえ、学校ではそこまで教えてくれないのが現実。

 

そうなると、子供に教えられるのは親です。

 

親が子供に将来を考えるきっかけを作ってあげることはすごく良いこと。

 

「勉強しなさい」というのではなくて、「どんな大人になりたいか」という話ができるような親子関係だといいなと思います。

 

子供に自分の将来を想像できる力がつけば、おのずと職業に関しても興味を持つでしょう。

 

「自分の子供には伸び伸びと自分のやりたいように育ってほしい」と願う親も多いと思いますが、だからと言って何も助言せずに放置することは違うと思う。

 

“親の考えを押し付けずに、子供に考える機会を与える。”

 

難しいけれど、私は自分の子供にはそうやって接していきたいですね。

 

子供が将来働く時間は人生の大半を占めることになりますから、職業」というテーマをいい加減な扱いにしていると、結果的に人生を損させることに繋がります。

 

 

勉強の陰に隠れがちですが、なんのために勉強するのか考えるためにも「職業」に関して学ぶことは重要なことだと私は思います。

ABOUT ME
まつなお
まつなお
夢は金持ちの主婦。 28歳。三重県在住。 0歳と2歳の2児のおかん。 自分の経験を元にした自分にしか発信できない情報を書くのがモットー。