お金

子供一人あたりの子育て費用の目安は?手取り35万円の世帯の生涯年収で賄える?

 

子供が欲しいと思った時に必ず付きまとう心配事が、金銭面だと思います。

 

実際に、私は現在2人の子供がおり、3人目が欲しいとは思うのですが金銭面が気になってまだ踏み切ることができません。

 

我が家はごくごく一般的な収入層の家庭だと思いますが、毎月貯金を捻出するのも試行錯誤の状態です。

 

こんな状態で、“先のことはわからないから”とお金のことをあまり考えずに子どもを産むのはいかがなものかと思うんですよね。

 

1人目の子供が欲しい時は半ば勢いみたいなのも大事だとは思うんですが、3人目ともなると現実との相談になります。

 

そこで、しっかりと現実を知っておくために、今回は“子供一人を育て上げるために必要な費用”について調べてみました。

スポンサードリンク




子供一人あたりの子育て費用は約3,000万円

子育てに必用なお金というと、真っ先に教育費について頭に浮かぶ人が多いと思いますが、日常で必要な養育費も忘れてはいけません。

 

『子育て費用=養育費+教育費』となります。

 

AIU保険の養育費の試算によると、以下のような結果が出ています。

 

 

各項目がざっくりしているので詳細は分かりにくいですが、教育費以外の支出ということで見ると、合計で約1,640万円が子供一人あたりにかかる養育費とされています。

 

次に教育費ですが、教育費は進路によって大きく差が出ます。

 

どの道に進みたいかの最終判断は子供になりますから、子供が自由に進路を選択できるよう、親は費用の捻出を事前にきちんと考えておきたいものです。

 

国公立や私立でどのくらいの費用が必要なのか、わかりやすくまとめられている表がベネッセのサイトに掲載されていました。

 

合計額は養育費との合計なので、この合計額が子育てに必用な総額となります。

 

 

全て国公立で行っても、養育費と合わせると2,651万円もかかるんですね(◎_◎)!!

 

大学以外にも短大や専門学校など選択肢によって金額の差はいろいろありますが、大は小をかねるで四年生大学(私立)あたりで見積もって、子供一人あたりの子育て費用は大体3,000万円弱くらいを覚悟しておいた方が良さそうですね。

スポンサードリンク




手取り月収35万円の世帯の生涯年収(手取り)は?

子育て費用が大体わかったけど、「じゃあ自分はいったいどれくらいの金額を稼ぐことができるんだ?」ってことが次の疑問になりますよね。

 

ということで、生涯年収について考えましょう。

 

手取り額35万円というと、年収の額面は600万円前後というところでしょう。

 

共働き世帯が増えている現在では、この世帯年収600万円前後はボリュームゾーンにあたるのではないかと思います。

 

なのでこの収入を参考に生涯年収を計算してみます。

 

22歳~60歳まで働いたとして、ボーナスは年2回1ヶ月分とすると、

 

(35万×12ヶ月+70万)×38年=1億8,620万円

 

となります。

 

もちろん勤続年数や転職などで状況は常に変わりますから、一概にこの金額とは言えませんが、とりあえずの目安です。

スポンサードリンク




生涯年収の内訳は?

さて、この生涯年収で全ての支出を賄えるのでしょうか。

 

例えば、大学までの教育費約1,200万円は必ず必要な金額として、あらかじめ生涯年収から差し引いてみます。

 

1億8,620万-1,200万=1億7,420万円

 

65歳から年金を受け取りながら20年生きたとすると、

 

1億7,420万+4,800万(夫婦で月20万円の年金受給がある設定)=2億2,220万円

 

この金額で22歳~85歳までの生活の支出を賄おうとすると、

 

2億2,220万÷756ヶ月=約29万円

 

ひと月29万円以内に支出を抑えれば収入の範囲内で賄えるという結果が出ました。

 

あれ?意外と行けそう?

 

と思うかもしれませんが、今回の試算には細かい支出は入れていません。

 

保険料や、冠婚葬祭費、医療費などその他突発的に必要なお金も沢山あるでしょう。

 

また、お金の必要な時期は一定ではなくライフステージによって違ってきます。

 

通常は子供が大学生になる頃の支出がピークになりますので、全て収入で賄おうとすると、実際にはかなり短いスパンでお金を貯めなければなりません。

スポンサードリンク




計画的にお金を貯めること&収入を増やす努力が重要

ライフスタイルは常に変化していきますので予想外の出費が無いなんてことはありえません。

 

結局計算しても思い通りにいかないのが当たり前です。

 

なので、やはり将来必要だとわかっているお金は早いうちから計画的に準備しておくことが重要になってきます。

 

これを後回しにしていると、数年後の生活がどんどん苦しくなっていくので、子供が生まれたけどまだ何もしていない家庭は急いで計画を立ててください!

 

具体的な教育費を貯める方法は、

  • 学資保険
  • 児童手当を貯めておく
  • 終身保険
  • ジュニアNISA

 

などがあります。

 

ただの貯金で貯めるのは、使ってしまう恐れもあるうえ、それ以上増えることは一切ありませんのでおすすめしません。

 

「保険とか全然わからんわー」って人も、大切なことですからぜひこの機会に勉強してみてください。

 

私はこの記事を書いていて、改めて3人目はやっぱり勢いだけでは作れない気がしてきてしまいました(+o+)

 

でもできれば3人目を諦めたくないので、収入を増やすことにも真剣に取り組んでいこうと思います。

 

ABOUT ME
まつなお
まつなお
夢は金持ちの主婦。 28歳。三重県在住。 0歳と2歳の2児のおかん。 自分の経験を元にした自分にしか発信できない情報を書くのがモットー。