育児

娘の2歳の誕生日プレゼントにアンパンマンパズルの30ピースをあげてみた。

 

小さな子供に与えるおもちゃって、「できれば知育にも役立つものがいいなあ。」なんて思う親も多いんじゃないでしょうか。

 

私もそうです(^_^)

 

そこで、2歳の誕生日を迎える娘にパズルをプレゼントしてみることにしました。

 

本人がやる気が出るように大好きなアンパンマンの「アンパンマンパズル」を選択。

30ピース、55ピース、80ピースと3種類あるようです。

 

今まで7ピースの簡単なパズルしかやったことがなかったので、30ピースも出来るのか心配でしたがとりあえず買ってみることに。

 

果たして対象年齢3歳~のアンパンマンパズルを2歳になったばかりの娘はどこまで出来るのでしょうか?




数日で一人で完成できるようになった

パズルをプレゼントしてから、1日に3回くらい一緒にパズルをする時間を作って遊び方を教えていると、3日くらいで一人で全て完成させるようになりました。

 

私がわざと違う位置にピースを置いてみると、「ちがうで!」と言って正しい位置に置くほど。

 

子供の成長って親が思うよりずっと早くて驚きました。

 

そしてなにより、アンパンマンパズルには子供が自力でできるようになる秘密が沢山ありました。

 

次はその秘密について見てみましょう。

2歳児でも自力で完成できる秘密

  1. 枠があるので端から埋めていける。
  2. ピースの形が全て違い、台紙にピースの形が形どられているのでそれに合わせてはめていくことができる。
  3. キャラクターの部位を手掛かりにキャラクターの身体を完成させていくことができる。
  4. 完成しなくても、一つ一つのキャラクターが出来上がることで小さな達成感を積み上げられる。
  5. 何回か繰り返すうちにピースの形やキャラクターの位置を記憶できる。
  6. ピースが分厚く持ちやすいのでまだまだ不器用な2歳児でも問題なし。

アンパンマンパズルにはこのような秘密が詰まっていました。

 

自力で完成させることで達成感を味わう経験ができるのが良いですね。

 

また、ピースやキャラクターの位置をどんどん覚えていきますので記憶力のトレーニングにもなります。

スポンサードリンク




対象年齢にとらわれなくて良い

アンパンマンパズルの対象年齢は3歳~となっていますが、2歳前後からチャレンジさせてみると良いでしょう。

 

子供により得意不得意の差は出ると思いますが、早いうちからパズルを始めることによって集中力を高めることもできます。

 

難易度もいろいろありますから、子供の状況を見てステップアップしていっても良いですね。

 

パパ・ママがキャラクターの名前を知らなくても大丈夫

アンパンマンパズルには出来上がりの見本とともに、キャラクターの名前一覧が載っています。

 

もし子供に「これなんて名前?」と聞かれてもちゃんと答えられますよ(^^)

スポンサードリンク




プチ情報:アンパンマンパズルは片付けに便利なビニールケース付きだけど…

アンパンマンパズルには片付けのためにビニール素材のケースがついています。

 

パズルって、良い遊びなんですが片付けをきちんとしないとすぐにピースがなくなったりしますよね(^_^;)

 

なので片付けのことまで配慮されているのは助かる!!

 

ですがこのビニールケース、パズルにピッタリサイズなので子供一人ではうまく入れられず片づけられないうえ、破れたら終わり。

 

そこで、我が家では100均のチャック付きのケースを買ってきてパズルをしまっています。

これだと口も大きく開くので子供も自分で片づけられますし、丈夫です。

 

ほんのプチ情報ですが、結構大事な片付け事情についてでした。

 

良ければ参考にしてみてくださいね(^_^)

 

ABOUT ME
まつなお
まつなお
夢は金持ちの主婦。 28歳。三重県在住。 0歳と2歳の2児のおかん。 自分の経験を元にした自分にしか発信できない情報を書くのがモットー。